同じ職場に勤めてる元カレとエッチ

同じ職場に勤めてる元カレとHしちゃった話なんですけど・・・

私がコンコンと軽くノックすると、ドアがさっと開きました。
「どうぞ。」Fくんがあいたドアから顔をのぞかせました。

「ごめんね。夜だしここでいいよ。ピアスちょうだい。」
私は手を差し出しました。さっきまで、プロジェクトの皆と打ち上げをしていて、Fくんの部屋で4人で飲んでいてピアスを忘れたのです。

「あのさ、まだ余力ない?」ピアスの代わりに、Fくんは言いました。
「へ?何の?」意表をつかれてきょとんとする私。

「シャワー浴びたらさ、酔いがさめちゃったんだよね。YもIさんもあんま酒飲まないじゃん。さっき缶ビール買ってきちゃったんだけど、よかったらつきあってくんないかなと思って・・・。」

私は一瞬迷いました。実は、1年前まで、私とFくんはこっそり付き合っていたんです。別々のプロジェクトでお互い忙しくなり、すれ違い、結局は彼に他に好きな人が出来て別れてしまいました。

このときは、また同じプロジェクトへ配置になって、お互い知らん顔で仕事上の友人としての付き合いが再開したばかり。

私は正直、まだ彼のことが好きだったので・・・(バカですよね)
ちょっとやりにくい気持ちもあったけど、なんとか気持ちに折り合いをつけてたんです。

でも、彼の様子は特に変わったところもなく、本当に一人で飲むのが寂しいだけのように見えました。まあいいか。友達だもんね。今は・・・

ちょっと複雑な気持ちでしたが、そのままFくんの部屋で3次会を始めることにしました。ところが、意外なことに、ビールを飲みながら結構話が盛り上がって、ホント久々に楽しい時間になったんです。

隣がYくんの部屋だったので、声はちょっとひそひそ声でしたけど。酔いもあって、私はFくんについぽろっと言ってしまいました。

「別れたときはもう一生話すこともないと思ってたけど、今日すっごい楽しい。一緒に飲めてよかったぁ。」

Fくんの顔は一瞬曇ったようでした。
「あ・・・ごめん、昔のことなんか持ち出して・・・。私、もう気にしてないし、今まで通り普通にやっていこうね。」


言ってはいけないことを言っちゃったかも。ちょっと緊張して、若干乱れた浴衣の足元なんかを直していると、いきなりFくんが私を抱きしめてきました。

正座していた私は、勢いで後ろに倒れてしまったのですが、Fくんは横たわった私の顔を胸に押し当てるような感じで、そのままぎゅっと抱きしめてきました。

懐かしいFくんのにおい。
「・・・Fくん?」

「俺さ・・・実は別れてからずっと、○○のことばっか思い出してた。結局例の彼女とも正式につきあってないんだ。ふとした瞬間に、○○のいいところを思い出して、彼女と比べちゃったりしてさ。最低だな俺。今回は、○○が仕切るプロジェクトだって聞いてたから、無理を言って参加させてもらったんだ。どうしてもやってみたい案件だったって言って」

Fくんは、そこで深く息を吐き、私を抱きしめていた腕をほどき、倒れた私を起こしてくれました。

「ごめん・・・いきなりこんなこと言われてびっくりしたろ。明日からはまた普通にやってくし、仕事で迷惑かけないから。」

Fくんは私に半分背を向け、あぐらをかきました。
「部屋に帰りな。明日も早いしさ。このままいたら襲っちゃいそうだし・・・って、またセクハラかな」
Fくんは苦笑しました。

その瞬間・・・、私は、後ろからFくんに抱きついてしまいました。
「ずるい!Fくん・・・」
「!!・・・何が・・・」
「私の気持ちはお構いなしな訳?」

酔ってたのもあって、私は今まで言えなかったことを次々と言ってしまいました。会社も辞めようと考えたこと。彼女への嫉妬。

裏切られたショックで、他の人から告白されてもつきあえなかったこと。
でもFくんのことがまだ好きなこと・・・。

私はちょっとべそをかいていました。ただ、Fくんが自分のことを好き、と言ってくれていたので・・・ 何かちょっと気を良くしていました。

Fくんはしばらく土下座したまま私の話を聞いていましたが、私が一通り話し終わると再び私を抱きしめ、・・・ 一瞬迷ったようでしたが、私にキスをしてきました。

懐かしいキス・・・。