「ああ~ん、もうっ!」とむちゃくちゃ感じてたwww

アルバイトでマッサージをしてたことがある。
そこは田舎のホテルで、わりとのどかな感じで営業してた。
俺は彼女がいなかったので、そこの職場で先輩のおばちゃん先生を喰って、
ちょっと変ってる30歳の独身女を喰って、色っぽい女社長も喰った。
ある意味、食傷気味だったんだけど、ある日、ホテルに20歳の若い女が一人入社してきた。
なんでも地方の専門学校を出て、
美容師を目指していたらしい。芳恵という。

けっこうかわいかったし、俺好みのむっちり系だったので
下心いっぱいで親切にしてあげてたらすぐになつかれて、
いろいろ話すようになった。

芳恵の研修期間が3週間をすぎたころ、待機室でいつものように
芳恵を施術しながらツボの位置を確認していたら、
うつ伏せになった芳恵のお尻に我慢できなくなった。

そのとき待機室にはヒデさんという盲目のおじいちゃん先生がいた。
しかしどうにもならなくなった俺は、
両手で芳恵のお尻を左右別々の円を描くようにゆすってみた。

芳恵は何も言わない。ヒデさんだけが陽気に俺らに話しかけてくる。
俺は声の震えを抑えながらヒデさんに答え、
芳恵の太ももをゆっくり広げてみる。芳恵は閉じようとしない。

これまでも反応を見る意味で、二人きりの時に軽くハグしてみたり、
髪に触れたが、嫌がる素振りはなかったので確信はあった。

なので今度はそろりと股間に指を滑らせてみた。
芳恵のお尻がくいっと跳ね上がった。

もう俺のチムポはびんびんになってて、
先っちょが濡れているのがわかった。

さらに指先を白衣のパンツに滑り込ませ、
意思を確認するように何度か出入りさせたが
これも嫌がる様子はなし。

これはイケる!と判断して、そのまま一気に手を入れ、
生尻をつかんだ。

とたんに芳恵は手で口を覆い顔をそむけてしまった。
むちゃくちゃ興奮した。

大好きなお尻を味わう余裕もなく、おまんこにふれてみると
異常なくらい濡れ濡れで、入り口をなぞるだけで愛液が
ドバドバとあふれ、そのたびに芳恵のカラダが
クイッ、クイッ、とエビぞる。

声をだすまいと口をおさえたままの芳恵に興奮しながら、
白衣とパンティを膝までおろし、自分のも出して、
施術ベッドの上に馬乗りにのしかかった。

ここでやっと芳恵が振り向き、目だけで哀願するように首を横に振る。
「無理、ここでは無理」そう言っているように見えた。

ヒデさんはこっちに背中をむけたまま疑う様子もなく
機嫌よくしゃべっている。

俺も芳恵の目を見つめながら、首を横に振り、入れるよ、
とジェスチャーした。

芳恵はブルブルと震えながら、そのまま俺に入れられた。

入れられた瞬間、「うくぅ!」と小さな悲鳴を上げたが、
ヒデさんには気づかれなかったようだった。


そのままうつ伏せの芳恵の太ももを閉じさせ、
俺がそれにまたがるような形のバックで
リズムよく抜き差しを繰り返した。

カラダを倒して、芳恵の背後にしがみつき、
耳元をべろべろ舐め回しながら、
ときおり顔をあげてヒデさんと会話した。

芳恵は両手で口を押さえ、「んっ、んっ」と眉根にしわをよせながらも、
お尻はしっかりと俺のをくわえこみ、反応よく俺の抽挿に応えていた。

あっという間に射精感がこみあげ、抜くと同時
に大量の精液が芳恵のお尻にかかってしまった。

「ヒデさぁん、ティッシュってありましたっけ」
「ああ、テレビの上にいつもおいてるみたいだけど」
「あ、ありましたぁ」
「芳恵ちゃん、さっきからおとなしいね」
「マッサージしてたら、寝ちゃったみたい」

横で芳恵が「もぉ~」ってにらんでておかしかった。

芳恵にはいろんなところでエッチをさせてもらった。
基本的に頭がわるいのと、エッチにハマってしまい
興味深々だったこともあり、なんでも言うことをきいてくれた。

一番興奮したのは、酔っ払いオヤジ二人組の部屋で
一緒にマッサージしたときのこと。

直前までエッチしてて、客が急かしたので
あわてて飛んでいったらなんのことはない、
すでに高いびきの状態であった。

けど勝手に帰ると、あとでクレームの元となるので、
形だけ施術することにした。

最初は適当にやってたんだけど、芳恵と背中あわせで施術してるとき、
お尻をこすりあわせたり、後ろ手に芳恵の股間を触ったりして
たらだんだん興奮してきて、

そのうえ、さっきまでエッチしてたもんだから、
実は芳恵をノーパンのまま連れてきてた。
しかもパンティは俺のポケットの中!

施術にはタオルを使って客を覆うのだが、
酔ったおっさんの顔を横に向けて頭をマッサージしてるとき、
タオルのかわりに芳恵のパンティをかぶせた。

しばらくそのまま施術してて、何食わぬ顔でおもむろに芳恵に合図したら、
「ひゃあっ!、なにやってるんですか!」

「しっ!ばか、静かにしろって!起きちゃうだろ!」
「や、やめ、いやっ、ちょっとってばぁ」

「いいから!つづけろって」このころにはすでにM気質に
開発されていた芳恵は、ウルウルした目で施術をつづけた。

白衣ごしにさわったらビショビショになってて、
足を閉じてもじもじさせて、あげくこっちがビビるくらいの声で
「ああ~ん、もうっ!」とむちゃくちゃ感じてた。

さんざんいじめたあとの帰り、途中のトイレに引きずり込み、
おっさんの顔を包んだパンティを嫌がる芳恵につけさせて
立ちバックで貫いてやった。

いろいろ遊ばせてもらったが、
一年を過ぎたころから彼氏ができたとかで俺から離れていった。

もう少し遊びたかったが・・・。