関西弁人妻と深夜会社内でHしたエロ体験談

先日、会社の先輩と会社でヤりました。

本当に最高のSEXでした。

先輩の名前はNと言い、人妻で、33歳です(僕は25)

年齢的には30代ですが、非常に童顔であり、

身長は150cm程度しかありません。

胸はA~Bカップと小さめで、

ウエストは55しかありません。

とてもかわいらしい関西弁を使うので、

僕は気に入っていました。

そのは、僕と先輩の二人が最後まで残っていました。

時間は深夜1時を回り、二人ともややぐったり気味。

僕は集中力が切れたので、先輩の席に行きました。

「仕事どうっすか?」と聞くと、

「ん~まだまだやねんなぁ」と返してきました。

「もう疲れましたわー」

「そやねぇ。ちょっと休憩しよっか」と言い、

休憩することにしました。

「ねえねえ、これ見て~」と先輩がパソコンを指差し、

「この服かわいいやろ?めっちゃ欲しいねん」

と言ってきました。

僕は目が悪いので、パソコンに顔を近づけ、

目を細めました。

ふと気付くと、僕の顔の左側10cmくらいのところに

先輩のかわいらしい顔があります。

僕は見とれてしまいました。

先輩の幼い顔と、髪から漂う甘い香りに、

僕は勃起しました。

先輩が僕の視線に気づき、こちらを向いて、

「どしたん~?なにみてんの~?」と言い、

ニコッと笑いました。

僕はたまりませんでした。

先輩の頭に左手をかけ、ゆっくり寄せます。

「……え?」

先輩の戸惑った表情が、僕に近づいてきます。

僕は先輩と唇を重ねました。

すると、先輩はゆっくり舌を絡めてきました。

僕は興奮し、お互いのよだれが垂れるくらい

ベロベロとキスをしました。

キスを終え、先輩は「エッチ」と一言いい、

僕の服を脱がせます。

僕は先輩の小さな胸を触ります。

先輩は体をくねらせ、トロンとした目で見つめてきます。

僕の上半身を裸にし、「舐めさせて」と言い、

僕の乳首を舐めはじめました。

舌使いがエロすぎて、僕は声を出してしまいました。

乳首えお舐めながら僕のモノを触り、

「カタイなぁ」と言って見つめてきます。

「欲しいなぁ。T君のこれ……

アタシのオマンコにいれてやぁ……」と言われ、

完全にスイッチが入りました。

先輩のスカートを捲り、クンニをしました。

「はぁぁ……あぁあ~ん」というエロい吐息を漏らし、

いやらしい臭いを放つマンコはぐちょぐちょになりました。

僕はギンギンのモノを取り出し、入れました。

先輩は最高にいやらしい声で喘ぎ、

涙もよだれも垂れ流しでした。

バックで突きまくり、

先輩の小さな身体はガクガクしていました。

最後は先輩の太ももに精子をぶちまけ、果てました。

先輩は直後にその場に倒れ、

「ハァ……ハァ……」と言いながら痙攣していました。

数分後、先輩が起き上がり、

乱れた髪を直しながら僕を見つめ、

「あたし、どうやった?」と聞いてきました。

「よかった」と答えると、

「おいしかった?」と聞いてきます。

「おいしかった」と答えると、満面の笑みを浮かべ、

「また食べてやぁ」と言ってきました。

あんまり可愛かったので、

その場でもう一回食べてあげました。

それから不倫の関係が始まりました。


PAGE TOP