人妻になった同級生とコンビニで偶然の再会から・・エッチな話

里佳と再会したのは、去年の春先。

たまたまコンビニで遭遇、声を掛けてきた。

里佳とは中学時代から高校時代の同級生で、クラブが同じだったので知ってたが、1つ上のT先輩と高校時代から付き合ってそのまま結婚した。

地元にいるはずがない里佳が何故?と思いながら、連絡先を交換してちょくちょくメールしていた。

夜遅くでもメールして来る。

ある時、里佳とメールしてたら

「今何してる?」

とメールが来て、

「帰る途中だ」

と返すと、

「良かったら今から会わない?」

と言われた。

22時位かな、田舎だったので近場のコミュニティセンターの駐車場で待ち合わせた。

話をしてたら

「実はね…」

T先輩と別居してる話をされた。

話を聞いたら、先輩が浮気をしたのだという。

話を聞いたら

「ごめんなさい!夜に…でも幸せそうとか、女友達に言われて…でも誰にも言えないし」

と。

「言わないし、暇だから何時でも呼んで」

とメールして彼女は、それからも夜にメールしてきて会いました。

そしてある時に、里佳から携帯電話に着信があった。

「ヤッホー!何してる?」

と。

酔った様子の里佳に

「迎えに来てぇ」

と言われ、ちょうど市街地にいたので待ち合わせる事にした。

里佳は酔った様子で乗り込み、家に送ろうとすると

「やだぁ!まだ帰りたくないよ♪」

と言われ、

「じゃあホテルで休む?」

と言うと「エッチ!」

とは言うが

「もうしばらく行ってないかも」

と言われラブホに。

里佳ははしゃぎながら見回し、ベッドに横に。

「久しぶりに来ちゃった」

と笑う里佳だが、コートを脱ぎ、セーターからは豊満なバストがくっきり露わに。

里佳の近くに寄り、里佳を抱き締めると

「あたしなんてもう子持ちだよ?」

と話す里佳の唇を奪いました。

里佳の抵抗は無く、セーターの上から胸を触ると、柔らかさも大きさも抜群に良かった。

セーターを脱がし、ピンクブラを外し少し乳輪が大きめな乳首を味わいました。

「ンッ…アンッ…ンッ…」

と声を上げる里佳。

セーターを脱がし、スカートを脱がし、むっちりした体を味わいました。

パンティは徐々に濡れ始め、脱がして里佳の味を舐めとりました。

そして里佳に入り込み、トロトロの中に挿入を繰り返しました。

ちょっと反応が最初は良くなかったが、馴染むにつれ声が大きくなった。

俺も抱き心地よい体に深く入り込み、里佳の揺れる胸を見ながら興奮し、ギリギリで外に出しました。

お腹の周りに飛び散らせ、里佳の横に寝て、ティッシュで拭いてあげた。

「気持ち良かった」

と言われたが俺も同じだった。

「Tってすぐに出しちゃうから直ぐに終わっちゃうの」

と言われ

「T先輩と比較されたら辛いよ」

と話すと

「だって…Tとしかした事無いんだよ」

と不機嫌そうに話す里佳。

「本当に!?」

と驚くと

「だって高校から付き合ってそのまま結婚したから」

と。

まだこの美味しい体を1人しか知らなかったなんて!

徐々に興奮した俺は里佳に再び…上にしてみると腰の動きもぎこちない。

興奮した俺は下から里佳を突き上げ、オッパイに顔を埋めながら里佳を突き上げた。

「気持ちいい~」

と声を上げる里佳。

起き上がり態勢を替えようとしたら、

「このままして!」

と言われ激しく突き上げ、里佳に

「出すぞ」

と話して、承諾した里佳の中に出しました。

「アンッ…アンッ!凄い気持ちいい~」

と、昔の素朴な里佳の姿はそこにはなかった。

倒れこむ里佳を抱き締めると

「暖かい」

と甘える里佳。

それからというもの里佳と毎週会ってます。

毎回ホテルではなかなか経費が辛いから、月に2回位ホテルでしてます。

里佳は研究熱心で、アダルトを見ながらフェラをして、今ではイカせてくれる位上手くなったし、騎乗も動きが良くなった。

後背位や、パイずりもできるようになりました。

専用機になりそうです。




PAGE TOP