清楚な奥さんに濃厚フェラチオしてもらったエロ体験

うちのアパートの下の階には新婚さんが住んでいて、越してきた去年の秋は、よく覗かせてもらった。

裏の物干し場に面した部屋が寝室で、いつも明かりをつけたままセックスするのが、カーテンの隙間から見えた。

旦那はスポーツマンタイプ。奥さんは小柄で色白。若い頃の斎藤由貴似の美人。

色の違うふたつの体が絡み合う姿に、いつも興奮させてもらっていた。

とにかく、毎回のセックスが長い。一回戦だけなのに長い。

ベッドでの濃厚なキスから、旦那の徹底した愛撫。

小一時間かけて全身を舐める。

最後にこれまた濃厚なクンニ。奥さんは何度か絶頂に。

それから反対に奥さんの愛撫。

清楚な見た目と裏腹に、音が外まで響く濃厚なフェラ。

たいてい全身、尻まで舐める。そしてようやく挿入。

数回体位を変えて、後半は奥さんはイキッぱなしに。

でも、騎乗位だけは恥ずかしいといつも拒否してた。ついこの前、久しぶりに覗いたら、レースのカーテンだけでセックスしていた。ほとんど丸見え。


ちょうど旦那が脚先から付け根まで舐めてるところ。

奥さんはガクガクのけ反っていた。

フェラはいつもより長く、旦那は口内でフィニッシュ。

奥さんはためらわずに飲み込んで「いっぱい~」と可愛い声で言うのが聞こえた。

休憩もはさまず、すぐに挿入。正常位からバック。そのまま横になり、なんと騎乗位。ここまでで覗いてから二時間弱。

騎乗位で激しく突かれ、二人は同時にフィニッシュ。

当然中出し。倒れ込んだ奥さんをぎゅと抱き締めて何度もキス。

そのまま始めた三回戦も夜更けまで。奥さんは旦那の名前を呼びながら「こうちゃん、イクッ!イクッ!」と数え切れないくらい絶頂に達していた。

ふと見ると、奥のハンガーに迷彩服がかかっていた。

隣町には自衛隊の駐屯地がある。翌日の夕刊で、その駐屯地から300人が被災地へ災害派遣に向かったという記事を読んだ。