クリトリスを触りながらオマンコを音を出しながら舐めるw

俺は現在無職で俗に言うパチプロとして生活している。
負ける日もあるが、月トータルで最低50万は稼いでいる。
いつも同じホールに通いホール側の癖を見抜きスロットを打っている。
常連客とも情報交換を行っている。
そんな中、1人の人妻と話すようになったのだ。
その人妻は31才で子供が3人いる事も聞いていた。
背が高く、体系はやや肉付きがあり巨乳でお尻も大きめで俺のタイプであったので、密かに憧れていた。
そんな人妻の晴美さんと距離が縮まったのは、晴美さんが大負けしていて、生活費まで使い込んで顔が青ざめていた時だった。
俺はその日は設定がいい台をGETし、昼過ぎまでに6万出していた。

顔が青ざめている晴美さんが俺に話かけてきた。
晴美さん「全然出ないよ。尚人くん(俺)いつも出してるよね。私なんか今日5万負けて生活費も使い込んじゃった…」
俺「これが俺の仕事だし、無闇に空いている台には座らないようにしてるし。勝つためにスロット打ってるし、店の癖、台の癖とかも調べている」と言うと、晴美さんが「今日他に出そうな台ある?」と聞いてきた。

本来なら出そうな台がある場合は後輩を雇って代打ちさせるが、まぁ晴美さんならいいかと思い、
俺「この台3日間凹んでるし今日ぐらい設定上げているんじゃない?」と教えると、その台が大連チャンし一気に7万出て、晴美さんは笑顔になって帰ろうとしていた。

晴美さんは俺のところに寄ってきて、晴美さん「教えてくれてありがとう。負けも取り戻せて、2万勝てた。尚人くんにお礼しないと…」
俺「別にお礼なんていいよぉ。でもしてくれるなら俺にご飯作って」と言ってみた。
晴美さん「そんな事で良かったら明日作ってあげるよ」と言い、電話番号の交換と住所を教え晴美さんは帰って行った。

翌日昼前に電話があり食材を持って俺の家にやってきた。
1人暮らしと言っていたので1ルームのマンションに住んでいると思っていたらしく、部屋の広さにびっくりしていた。
台所で作ってくれ昼過ぎには出来上がり一緒に食べながら会話も弾んだ。

晴美さん「尚人くんは彼女いるの?」
俺「(セフレはいるが)彼女はいないよ。仕事にも就かずパチンコばっかりしてるから彼女は出来ないし。でも好きな人(晴美さん)はいるよ」
晴美さん「どんな人?」
俺「絶対に結ばれる事はない人」
晴美さん「ワケアリの人?」
俺「そう。好きな人は旦那がいて、子供3人いて年齢が31才の人」
晴美さん「もしかしてそれって私の事?」
俺「うん。晴美さんの事が好き」
晴美さん「……」

俺「だから晴美さんの手料理食べたかった」
晴美さん「そんな告白結婚してから初めて。それも年下の人からの告白なんて初めて」
俺「旦那や子供に迷惑かけるつもりはない。でも俺は晴美さんの事が好き。付き合って」
晴美さん「気持ちは嬉しいけど付き合う事は無理。ゴメンね。でも今日だけならいいよ」

えっ、今日だけならという事は抱いてもいいのかと思い、晴美さんの隣に座り顔を近づけると目を閉じたのでキスをした。
これから晴美さんを抱けるのかと思うとチンポは勃起していた。
キスをしながら胸を触った。
思ってた通りの巨乳だ。
徐々に服を脱がしブラジャーを外し少し垂れたおっぱいが現れた。


晴美さんが隠した。
俺「何で隠すの?」
晴美さん「だって垂れてるし乳輪おっきいから…」
俺「こんなにおっぱい大きかったら垂れるし、子供産んで吸われたり旦那にいじられたりしたら…全然気にしてないよ。こんなおっきいおっぱい初めて。何カップ?」
晴美さん「Fカップ」
俺は晴美さんの腕を取り払い胸を揉みながら、乳首に吸い付いた。
どんどん口の中で乳首が固くなっていくのがわかった。

ベッドに連れて行こうとすると
晴美さん「お風呂入ってもいい?」
俺「いいよ」タオルを渡した。
しばらくしてバスタオルを巻いた晴美さんが出てきた。
俺もお風呂に入り、入念に洗った。
出てくると晴美さんはベッドの中で待っていた。

俺もベッドに入り腕枕をして抱き寄せると
晴美さん「もう少し暗くならないの?」
俺「昼間だし暗くならないよ」
明るい中で抱かれるのが恥ずかしいみたいだったが
俺「晴美さんの身体眺めながら抱きたいから…このまましよう」

晴美さん「わかったよ。でも1つ分かって。旦那と結婚して浮気今日が初めて。軽い女じゃないからね」
俺「わかってるよ」
と言い晴美さんのバスタオルを取りキスをしながら胸を揉んだ。
恥ずかしながら喘ぎ声が漏れ始めた。
耳→首筋を愛撫し乳首を舐めると喘ぎ声も徐々に大きくなる。

脇腹を舐めながら下へ。
ついにオマンコへ。
オマンコは既に濡れ濡れ。
クリトリスを触りながらオマンコを音を出しながら舐める。

俺「晴美さん気持ち良かったらもっと感じてもいいよ」と言ってクリトリスを舐めながら指を2本挿入し激しく動かす。
思ってた以上に締りはいい。
晴美さん「あん、あぁん…気持ちいい、もっとしてぇ」
かなり大きな喘ぎ声を出して逝った。

今度はフェラしてもらおうと、バスタオルを取り勃起したチンポを晴美さんの顔の前に出し、
俺「旦那より大きくないかもしれないけど舐めて」
晴美さん「(勃起したチンポを触りながら)旦那より全然おっきいよ。それに若いだけあって硬いよ」
と言って舐めてくれ、パイズリもしてくれ、いざ挿入。
ゴムがないので必ず外に出す事を約束し生で挿入。

俺「(途中まで挿入し)晴美さん締まりすごいいいよ」
晴美さん「あーん気持ちいい。尚人くん奥まで入れて」
奥まで入れ腰を動かすと室内にピチャピチャパンパンと響き渡る。
俺「晴美さんすごい濡れてるよ」
体位を変え騎乗位。
乳の揺れかたが半端じゃない。
晴美さん自ら腰を動かす。
騎乗位でまた逝ったようだ。

バックに体位を変えお尻を少しぶったり、アナルに唾を垂らし指で触りながらチンポを突いた。
俺もそろそろ逝きたくなり、正常位で腰を動かし、最後は晴美さんと同時に逝った。
終わった後もベッドで抱き合い、
俺「晴美さん、凄い気持ち良かったよ。晴美さんは?」
晴美さん「気持ち良かったよ。久しぶりに何回もイッたよ。旦那より気持ち良かったよ」

その後も夕方まで抱いた。
帰り際、俺「やっぱり最初で最後?」
晴美さん「尚人くんは?」
俺「女にしたいし、抱きたい」
晴美さん「これからも旦那より気持ちいい事してくれる?」
俺「もちろん何回も逝かすよ。前戲でもチンポでも」
と言い、家の合鍵を渡した。

週に何度か来てご飯作ってくれたり、もちろんセックスも。
なかなか会えない時やお互いしたくなった時は、パチンコ屋の駐車場で愛し合っている。