もう7回ほど彼女のお宅でヤッテいますwww

カルチャースクールで書道の講師を副業でしている者です。
カルチャースクールは時間をもてあました主婦の社交場みたいなもんです。
私はその受講生の中で、ある40代の主婦に目をつけていました。
彼女は上品でつつましく、そのうえ美人で巨乳でした。
そして休講日、「良い習字のお手本帳があるので近所まできたのでお届けします」と適当な理由で彼女のお宅を訪問しました。
彼女は掃除とか洗濯とかした終えたすぐ後らしくまったくの普段着(長めの春のスカートに半袖ニット)で私を迎え、
「お忙しくなかったら、玄関では悪いですから中でお茶でもどうぞ」と奥へ通して頂きました。

ひょっとして彼女はその気なのかなぁ?と一瞬、思いました。
実は先日の講義のとき、私は指導にかこつけて正座している彼女の後ろに覆いかぶさり右手を上から握りながら筆を動かしました。

当然、自分の下腹部のこわばりを彼女の腰にこすりながら、頬もほとんど密着するように近づけました。

でも今日は彼女のご自宅だし、何にもしないでおとなしくしてようと思いました。

そして和室に座り書道の本を開いて簡単に説明をしましたが、心の中はもう劣情と邪心に満ちてました。

「あっ、先生、ちょっとお茶を入れてきますわ」と彼女が立ち上がりました。

スクっと立ったときの目の前に現れた彼女のスカートから出てる生足にハっとなり、私も立ち上がって彼女を立ったまま抱き寄せてしまいました。

彼女は「あっ、いけませんわ、先生」と腕を私の胸につかえさせ逃れようとしました。

私は、右手を彼女のスカートに入れ更に薄い布の中に腕を入れ指で花弁をまさぐりました。
予想に反して彼女の花弁は濡れ濡れでした。

それを悟られた彼女は抵抗を止め、下部をまさぐられながらも彼女のほうから舌を絡ませてきました。

そして「ご近所にまずいから、雨戸を閉めさせてぇ」とかすれた声で言いました。

彼女は2階に上がってなにやらガタガタと音を立てて雨戸を閉めたりの準備をしてました。
そして、こちらへどうぞと通されたのはベッドのある寝室でした。

「下はお玄関が近いし、お二階の他の部屋は子供用だし、、、、」と言うか言わないかのうちに彼女の方から抱きついてきました。

外は春の陽光がサンサンの真昼なのにドアを閉めるとそこは薄暗い隠微なムードに包まれました。

よそのお宅で、しかもその夫人を、しかも寝室で抱けるとは思いませんでした。
中学のお子さんが部活から帰る夕方まで、延々と、彼女の痩せ気味の体を堪能しました。

「中にしてもいいですか?」と聞くと、
「ダメ、、イヤ、、」
「そういうの聞かないで」
となんとも曖昧な返事だったので、おもいっきり中に出しました。

2回目も中に出しました。
ご夫婦のベッドのシーツは彼女の陰部から溢れ出した私の精液でたくさんの大きなシミで汚れてました。

あれから数ヶ月たちますが、もう7回ほど彼女のお宅でヤッテいます。

当初は自宅でヤルのを嫌がっていた彼女ですが、最近は馴れっこのようです。