友達には内緒で彼女と付き合い、今もSEX三昧の日々www

看護師の友達に「うちの科のお局さんに誰か男紹介して!」と頼まれて一度そのお局様に会ってみることになった。
36歳だということでここ5年以上男が居なくて性格がキツくなっているそうで、看護師の同僚の間でもなんとかならないかと問題になっているみたいだった。

当日にファミレスで待ち合わせをして先に着いた俺が、どんなババアかよと渋々待ってると、現れたのはなんと山本モナみたいな感じのエロスが漂ういい女じゃない!

服装も上品な感じで・・・ってか胸元の谷間がすげえよ!
そのまま食事をしながら話をして好みを聞くと若くてカワイイ子が好みとのこと。
例えば?と聞くとなんと俺みたいなのがタイプなんだと・・・・。
これは・・・ヤレる!
店をでて予定を聞くと、この後の予定はないそうで明日も休みなんだと。
ってことで2人で飲みに行くことになった。

近くの個室があるバーに行き、3杯4杯と飲むうちに俺も彼女も少し酔ってきた。
はじめテーブルを挟んで向かい合わせに座っていたが、俺が
「そっち行ってもいい?」
と聞くとニコっと笑って
「・・・・いいよ」
と答えた。
そして彼女の隣に座り、ゆっくりと肩を抱き寄せると彼女の方から目を瞑って顔を寄せてきた。
そのまま一気にDキスをして、片手で彼女の乳に触れると見た目以上にデカイ!
「ん・・・ん・・・。」
と身をよじる彼女の胸元から手を入れ、生チチを揉むとすでに乳首も立っていた。
「ホテル・・・行く?」
と彼女に聞くと
「こんなおばさんでもいいの?」
と言うから
「俺のもうこんなだよ」
と彼女の手を俺の硬くなった股間に当てると
「あん・・・すごい硬い・・・ねぇ・・・少し舐めていい?」だと。
「店員くるかもしれないから少しだけだよ」
と言いズボンのチャックを下ろすと、自分から肉棒を引き出し何のためらいも無くパクと咥えジュプジュプと音を立ててゆっくりといやらしくしゃぶりだした。
俺はどっかの社長気取りで片手と彼女の頭にのせ、ふんぞり返って残りの酒を飲んだ。
2,3分くらいしゃぶってもらい
「ねえ、そろそろ店でる?」
と彼女に言うと
「すごい大きくなったよ・・・」
と顔を上げた表情はすっかりメスと化していた。
それから彼女の腰や肩を抱いてホテルに向かって歩きながら、ひと気が無くなると何度か立ち止まってキスをしたり、チチを揉んだりしてやっとホテルに着いた。

部屋に入ると彼女は長い禁欲生活が爆発したように俺に抱きつき、身体中にキスをしてきた。
そして
「いっしょにシャワーする?」
と2人でバスルームに向かい、脱衣所でブラを剥ぎ取るとEカップだというオッパイがポロリ!
夢中でしゃぶりつき、同時にパンツの上から割れ目をなぞるとパンツの上からも分かるくらいにグッショリ!!
我慢できなくなった俺は肉棒を取り出し、そのまま彼女を洗面台に座らせてパンツをずらして割れ目に先をあてがった。
「あっ・・・あぁっん・・・あぁぁっ・・・はぁぁぁ・・・」
ゆっくりと肉棒が彼女の割れ目に包まれていくとその様子をまじまじと見ていた彼女の口から歓喜の声が上がった。
俺は奥まで入れてマンコに肉棒をなじませると、ゆっくりとピストンを始めた。
すぐに結合部がグチャグチャといやらしい音を立て始め、俺の肉棒はたちまち彼女の本気汁につつまれた。
それから彼女に洗面台に手を付かせ、立ちバックで彼女のチチを揉みながらメチャクチャに激しく突いた。
彼女もバックで挿入されてから本気になったのか
「もっと激しくしてっ、イカせてほしいの!」
と催促してきて、お望み通り、チチをぎゅっと握って激しく動いてやると
「あぁっ、イク!イクー・・んんっ」
と本当に逝った、マンコがピクピクと肉棒を絞めつけてきた。
さすがに俺ももう限界だったので、ゆっくり動きながら
「俺もイキそう・・・イっていい?」
と聞くと
「だめぇ・・・待って、またすぐイキそうなの!・・・ねぇ・・・お願いもっとして!」
と言われ我慢しながら最後の力を振り絞り、クリと乳首を指で刺激しながら我慢して動くと
「あぁっ!それイイ!・・・・またイキそう!・・・・一緒にイこ!!・・・出していいよ!」
と言うので最後にスパートをかけて激しく突きまくってから彼女の奥の奥に思いっきり射精した。
彼女もほぼ同時に達した為か中出しされたのに
「あっ・・んっ・・・あっ」
と感じた声を出していた。

白々しく彼女に
「ごめん、我慢できなくて中でイっちゃったよ。」
と言うと
「いいの・・・すごい気持ちよかったよ・・・・中で出されるのすごい久しぶり・・・」
と答えた。
その日はホテルに泊まりで朝まで生でヤリまくった。

それから友達には内緒で彼女と付き合い今もSEX三昧の日々が続いている。
ちなみに彼女は職場でも態度が柔らかくなったそうです。





PAGE TOP