精液がドクドクと私の体内に注ぎ込まれたのは言うまでもありません…

お盆に、主人の実家へ帰省しました。
2日目の夜に夏祭りがあって、甥っ子の ヒロ君の車で主人と3人出掛けました。
踊りの列に加わって汗かきながら楽しんでたら主人は幼馴染みの人に声掛けられ、終わったら飲みに誘われたみたいで私は甥と2人で帰る事になりました。
出店で飲んだビールにほろ酔い機嫌だった私は、乗ると直ぐに眠ってしまいました。
何だか息苦しさに気が付くと、目の前に甥の ヒロ君の顔があり、様子が変でした。
まわりに目をやると、いつの間にか車の後ろの席に寝てて、ヒロ君の吐く息を間近に感じ、身体が揺れてました。

慌てて起きようとしたけど抱きすくめられてて動けないし、違和感もありました。

ヒロ君が、私の中に入ってたんです。

浴衣着てた筈なのに、帯は解かれてました。

うっ、うっと唸ると ヒロ君が被さってきて、激しく身体が揺れた後に静かになりました。

荒い息の中で ごめんと謝るヒロ君を、何故か私は拒めず押しのける事もせずに、じっとしていました。

私を見ていたヒロ君がそのままキスして来たのを、私は受け入れていました。

一度離れた後、また唇を塞がれると私の手は自然と ヒロ君の背にまわり引き寄せ長いキスになりました。

唇を離して、やっと呼吸も落ち着いたと思ったら、再び ヒロ君が求めてきました。

最近、主人とは久しく無かった私は女に目覚めたかのように されるがまま応じてしまいました。

乳房を強く掴まれた途端、身体は反応し音たてて吸われると もう理性も限界を越えてしまいました。

甥っ子だと言う事も忘れ、1人の男を受け入れた私は、何度も何度も昇り詰めて喘いでいました。

動きに合わせ、自ら腰を振りながら脚を絡め、深く受け入れていました。

したいって言われて四つん這いになり お尻を向けてやると、ヒロ君は私のお尻をわし掴んで激しく突いてきました。

あの時、何度交わったでしょうか。

最後には2人共よがり声を上げ、同時に果てました。

ヒロ君の精液がドクドクと私の体内に注ぎ込まれたのは言うまでもありません。

夜も更け、帰ったら まだ主人が まだだったので良かったけど 火照る身体のまま床につきました。

あれから毎日、ヒロ君から電話が来て誘われてるけど、また会ったら もう取り返しがつかないと感じてます。