口元にジュニアを近づけてフェラさせて・・

それは大衆居酒屋での出来事でした。
そこの店は値段も安くて料理も美味しいとのことでいつも結構混んでいて、特に若いお客さんが多い店でした。いつものようにその店のカウンターで鶏皮と塩辛をツマミに飲んでいると、新客が入ってくるのが解りました。
ガヤガヤと賑々しいその一団は大学のサークル仲間らしく、この店を2次会として利用するみたいです。
あらかじめ予約してあったのか、奥の個室へと消えていく若者達。
それを横目にちびりちびりと飲む俺。

なんだか若者達の勢いが羨ましく、久しぶりに風俗でも行ってみようかな、などと考えていました。

その後も次々と新客が入店しては出て行く事の繰り返し。
30分程してそろそろお愛想の声をかけようと思った時、一際賑やかな声の一行が入ってきたのです。

振り返ると女の子3人組で、どうやら先ほどのサークルの仲間のよう。
奥の個室へと一旦は消えていきましたが、座敷が狭くて座れなかったようですぐに戻ってきました。

ちょうどカウンターには私の隣に4つばかりの空席が出来たところ。
まだ先客の食べた器も下げられていない状態でしたが、そこにドカッと座る3人。
そのうちの1人がテキパキと器をまとめてはカウンターの中に返します。

カラオケに行ってたところを呼び出されたみたいで、不完全燃焼気味な彼女達は既に泥酔状態に近かったにもかかわらずドンドンと飲みまくります。

隣にいる俺に気がつくと、
「お兄さんうるさくてごめんね~」
とあっけらかんとして言い放ちます。
今時の若者はこうなのか・・・。
(俺もまだ28歳だったので気だけは若いつもりだったのですが)
ついついそんな事を思ってしまうほどに彼女たちは明るく輝いて見えました。

何だか席を立つタイミングを失ってしまい、俺も飲み物を追加。
何をするでもなく隣の会話に聞き耳を立てていました。

会話の内容はと言えば、バイト先での愚痴や(3人とも同じバイトをしているらしい)教授の悪口、さらには奥の席で飲んでいるであろうサークルの先輩の陰口などで、聞いている俺にはサッパリ分からない内容でした。

しかし酒の量も増えるにつれ、会話の内容は彼氏との事に移行していき、喧嘩うんぬんからHの内容まで、隣に居る俺の事などお構いなしでまくし立てます。

何だかススキノのネオンが俺を呼んでいるように思えて今度こそ店を出ようと思ったその時、俺の隣に座っていた1人が俺に話し掛けてきたのです。
「ちょっとお兄さん、なーに1人で飲んでんのさぁ」
とちょっと酔っ払って絡み気味です。

「・・・」
俺無言w
「隣にこんなに可愛い女の子がいるのにナンパもしないの~?」
と笑いながら他の女の子も続きます。

「あっ、俺はもう帰るから、ゆっくりしていってよ」
なにせその時は俺の頭の中ではススキノのおねーちゃんでいっぱいでしたから、こんな酔っ払い女の相手などしてられません。

女の子は
「えーもう帰っちゃうのー?一緒に飲もうよー」
と俺に擦り寄ってきます。
ここで気がついたのですが、この子胸が異常にデカイッ!
俺の左腕に絡める胸の感触も柔らかくてちょっと勃起してしまったのは内緒です。

まぁ時間も早いし、この子たちの相手してからでも風俗は遅くなかろう、うん。
胸の1つも揉んでやる決意をして再度飲み直すことにしました。

話し始めるとこれが結構楽しいもので、キャピキャピとした会話の中にも時には女を感じさせるような発言も・・・。
どういう訳かいつの間にかチムポの大きさの話になっていましたw

色々な会話の中、俺の隣に座っているのがユウキちゃんと分かりました。
その他は結夏と真澄としておきます。
結夏はスレンダーなカワイイ系、真澄は2人の引き立て役のような感じの可哀想な子。
程々に酔っ払っていた俺も、何を考えたかカウンターに座っているのをいい事に、店内でチムポを出してしまっていたのです。
(カウンターの下ですので他の客には見えません)

「キャーッ!!」
と口々には言いつつもそこは俺の逞しいジュニア(※当時は逞しかった)に視線は釘付け。
俺のジュニアも彼女達の視線をビンビンに感じつつ、ドクドクと脈打っていました。

そのときユウキちゃんがちょっとだけ無言になると、いきなり俺のジュニアを握ってきたのです!!
驚きで目を見開くと、俺の顔を見てニッコリ笑うユウキちゃん。

「おっきいね」
と呟く彼女の瞳は心なしか潤んでいます。
「おっきいのかねぇ?勃ったところを比べた事ないから分かんないよ」
と冷静を装い俺。

「うん、おっきい。私が見た中では一番かもw」
と子悪魔的な笑顔のユウキちゃん。
ここで俺の頭の中からはススキのおねーちゃんがデリート完了!!
ユウキちゃんにロックオンした瞬間です。

「そっかぁー、でもユウキちゃんが見た中っていう事は2,3本じゃないの?」
「そんな事ないよー、これでも結構遊んでる方だしw」
とケラケラ笑います。
自分から遊んでるって・・・・おい。

俺「そうなの?それじゃ俺とも遊ぼうよー」
ユウキ「えーw」
真澄「ダメだよ、ユウキは彼氏いるしね~」
ユウキ「あれは彼氏じゃないって」
結夏「何でー?いっつも一緒にいるじゃんかぁ」
ユウキ「あれは勝手にくっついてくんの!」

俺「あっ、じゃぁユウキちゃんはフリーなの?」
ユウキ「そうだよー」
俺「じゃぁ俺と付き合おっか?w」
ユウキ「ダメw、好きな人居るから~」
(チクショー)

そんな会話を繰り返しながら時間は午前1時を回り、店も閉店時間が近づいてきました。
俺「この後はどうすんの?」
結夏「私は明日1限だからもう帰るよー」
ユウキ「私はまだ大丈夫」
真澄「私も大丈夫だよー」(おまいはいらねw)
と言って結夏は帰宅。

ユウキちゃんと真澄と一緒に次の店へゴー!!ここからは俺のペースです。
まずは真澄を潰すためにひたすら強い酒を飲ませ続けます。
真澄も自分のキャラを理解しているのか飲むわ飲むわw
あっという間にベロベロに酔っ払ってしまいました。

次はやっとユウキちゃんの出番です。
先ほど居酒屋で握られたジュニアの感触もまだ生々しく残っており、下ネタも弾みます。
結局ユウキちゃんの好きな彼というのは妻子持ちの大学の助教授だという事も判明。
その助教授とは何度か肉体関係もある事を白状し、俺のプッシュにも満更でもない様子。

ここは一気に酔わせてうやむやのうちにヤってしまえ、と俺の脳内で天使達が大暴れです。
まずは意識の無くなった真澄をタクシーに乗せ、運ちゃんに少し大目の金額を渡します。
そして無事に部屋まで送り届けるよう頼み、2人でお見送りですw

さぁ、やっとユウキちゃんと2人っきりになれました。
この時点でユウキちゃんは1人では立ってもいられない様子。
俺「どっかで少し休んでく?」
ユウキ「うん・・・」
一番近くのラブホに速攻でチェックイン。

部屋に入るとユウキちゃんはそのまま崩れるようにベッドに倒れこみました。
俺「大丈夫?結構飲んでたでしょ」
ユウキ「うー、もう眠い・・・」
俺「少し寝てもいいよ」
ユウキ「うん・・・」
とすぐに寝息を立てて寝てしまいました。

・・・ニヤリ、ここからです。
俺のジュニアはさっきからはちきれんばかりの膨張を見せています。
まずはユウキちゃんの胸に服の上からタッチ、ユウキちゃんはピクリとも反応を見せません。

俺は「寝苦しいと困るからね~」などと独り言を呟きながらユウキちゃんの服を脱がせにかかります。
寝ている人間の服を脱がせるのは結構大変な作業ですが全然苦になりませんw

デニムのミニスカの下にユウキちゃんは上下薄いベージュの、お世辞にも色気があるとは言えない下着を付けていました。
もちろん生足です。
思わず下着姿のユウキちゃんに鼻を近づけて深呼吸してしまう俺。
酒臭さの中にも甘酸っぱいような、何とも言えない雌の臭いがします。

パンティーの恥丘の辺りがこんもりとヘアーで盛り上がっているのを確認し、そっと脇から指を潜り込ませると既にそこは湿り気を帯びていました。
こうまでされても全然起きないユウキちゃん。

次におっぱいを確認です。
きつめのブラを外すと思った通りの爆乳が!
色白で顔はちょっとロリ系なのですが、それに似合わないような綺麗なおっぱい。
ゆっくりと揉むと、そこで初めて
「う・・・ん」
と囁くような反応を!!

このまま一気に挿入か?とも思いましたがここはじっくりと攻める事に。
幸いデジカメも携帯していたので撮影もしながらw
ふと横目にバイブの自販機が目に入ります。

とりあえずピンクローターを購入、ドラえもんが四次元ポケットからアイテムを出す時の音楽を口ずさみながら
「ピンクローター」
などと言って1人で盛り上がります。

寝ているのに白い液がじっとりと奥から湧き出てきます。
口元にジュニアを近づけてフェラさせてみようと思いましたが上手くいきません。
ここでユウキちゃんを一旦起こしてみる事に。
耳元で「ユウキちゃーん、朝ですよー」と囁いてみますがなかなか起きる気配はありません。

そんな事をしてる間に、俺も結構酔っ払っていたので眠たくなってきました・・・。
下半身に違和感を覚えて目覚めると、俺のジュニアをパックリと咥えているユウキちゃん。
「やっと起きたーw」
と笑顔でお目覚めフェラ続行。
俺もいつの間にか眠っていたらしく、時計を見ると1時間くらい経っていました。

少し寝てスッキリしたので本格的にエッチ再開!
ユウキちゃんは全身感度良好で声も可愛い!!
アソコは奥が感じるらしく、俺のご自慢のジュニアが奥まで届くリズムに合わせて
「アンッ、アンッ、アンッ、アンッ・・・」
と鳴きます。

酔っているのでなかなか逝かない俺は、途中でローター君の力も借りながらなんとかユウキちゃんを満足させる事が出来て、俺も最後はタップリと溜まった白液を吐き出したのでした。