妻が獣のように交わりあう姿

妻が刺青の男に虜にされて、人妻でありながら理性を奪われ
本能のまま肉欲を求めて出かけるようになる。
次第に服装が派手になり、男の目から見て
色艶、交尾好きであることを容易に悟られる雰囲気を醸し出すようになる。
無数の真珠でグロテスクな肉棒に密壺を貫かれ、
淫蜜を滴らせながら中だしを乞う様は淫メスそのもの。
気が付くと太ももには牡丹と蛇の刺青が施されており、
蛇は妻の陰唇を狙うように舌舐めずりをしている絵柄である。

性器には無数のピアスが施されており、
妻は男と会っていない時でも神経がそこに集中し、
理性を完全に支配されているのだ。

それを見た自分はふと男と妻が獣のように交わりあう
姿を想像して驚くほどみなぎってしまう。
やがて兄弟の契りの道具として、妻は二人の男と同時に交わり
まさに兄弟として異なるほとばしりを次々と奥に注ぎ込まれ
歓喜の声をあげ、熱い白濁液で痙攣しながら絶頂に達する。

男は人妻を弄ぶことではいろんな癖を持っていた。
人妻を孕ませることに対し異常に執着している。
その過程として他の男とも絡ませることで仕込まれた性技を自ら楽しむといった
嗜好も持っていた。

人妻のアナルにしか興味のない男は徹底的にアナルを仕込む。
それは室内に限らず、屋外でも調教が行われる、
獣医が用いるような巨大な浣腸器で比重の重い液体を用いて
浣腸を繰り返す。

人妻が朦朧としても徹底的にそれを繰り返す。
アナル栓をされ、ピンヒールを履かされた人妻は
思えない服装をさせられて、屋外を連れまわされる。
繰り返し襲ってくる生理現象と闘いながら、
屋外男性トイレに連れ込まれて男のものを
咥えさせられながら許可が出るまで奉仕させられる人妻。
羞恥で最も恥ずかしい攻めを繰り返し受けた後の人妻は
覚悟を決めたようにおとなしくなる。

男は妻だけでなく目を付けた何人もの人妻をわが物として
徹底的に仕込んでいる。

他人に貸出た人妻はたくさんの異なる男と交わり
あらゆる性技を仕込まれる。
時間の感覚を失い、何度も果てることで思考感覚が麻痺し
底なしの肉欲快楽の地獄へと徹底的に落とし込まれるのだ。

男が狙った人妻をやりつくすと孕ませ行事として
三日三晩人妻を孕ます目的のみで犯す。
相手をさせる人妻は時には複数の場合もある。

完全に落とし込まれた人妻は男の攻めに激しく反応し
家庭や旦那のことも考えることもなく
自ら男の腰に脚を絡めて中だしを乞う。
熱く雄々しくそびえ立つ凶器に自ら腰をうずめ
激しく腰を振りながら男の射精を促す。

淫蜜が滴り、完全に淫メスと化した人妻の陰唇を
グロテスクで蜜焼けしたカリ首は蛇のように
淫らに蠢く無数の襞の感触を味わいながら
蜜壺の奥へと侵入していく。

子宮口にカリ首が達すると女は激しくそのことを表現する。
獰猛な蛇はまだ十分外に余っており
女の頭を押さえてさらに深く侵入しようとする。
子宮口を押し上げられ、熱いカリ首が子宮口を
ふさぎ、無数の真珠が締め付ける淫襞の伸縮を押し分けながら
激しい出入りを繰り返す。

感覚が子宮一点に集中して気が狂うような攻めに
人妻が淫メスとして言葉を発するのは一言だけである。
中に出して。。。孕ませてくださいと。

蛇のカリ首はその言葉を何度も人妻に言わせる。
そしてメスの懇願にこたえるかのように
子宮口をカリで連結させておびただしい量で濃厚なの
白濁液をメスの子宮口に直噴する。

人妻が旦那以外の男に支配され、自ら孕ませて下さいとお願いする様に征服感が満たされるのだ。

こんな妄想ばかりするようになって以来、次第に妄想では我慢できなくなってきた。
自分の妄想がどうしたら現実になるか・・・。
ダメだとは思いはするものの、今はもうこればかりを考えている。

愚息は衰える一方、妄想するだけで驚くほど漲ることに驚く。
どろどろになった妻の淫穴で広げられた膣の空虚感を感じながら無意味なピストンを繰り返し果てたい。


PAGE TOP