彼女のおまんこは締まり身体全体が軽く痙攣していた

離婚して10年。女性とは、適当に遊んでいたが最近は、ご無沙汰になっていた。
そんな時、知人に未亡人を紹介され一度デートしたが彼女からは、時々メールがくるくらいで進展は、なかった。
\私は、気に入ったが彼女はダメだったのか。大谷典子、45歳。5年前にご主人が交通事故で未亡人になり今は、OLの娘とマンション暮らし。
彼女は事務員。小柄で少し太っているが美形である。ぽっちゃりな熟女かな。
40代なら普通の体型かも。お尻は、大きく立派。3ヶ月後、彼女からの誘いが有り、週末の夜に会った。
「宮本さんごめんなさいね色々あって」
「私は、大谷さんに嫌われたと思っていました」
「今日は、楽しく飲みましょう」
居酒屋に入ったが彼女は、私と並んで座った。

「隣の方が落ち着くの。宮本さんは、嫌?」
「大谷さんの隣だと緊張します」
生ビールを飲みながら話をしたが、彼女の胸元から見えるピンクのブラが気になって落ち着かなかった。

お互いにほろ酔い加減になっていたら
「宮本さんオッパイ好き?」
「いきなり?」
「だって私のオッパイばかり見てない?」
「好きですが貴女のが見たいと思ってました」
「エッチだけど正直ね。こんなおばさんの見たい?」

「大谷さんのが見たいです」
「典子でいいわ。宮本さん私、主人が亡くなってから5年です。男性とは、一度だけです」「私も2年くらい有りません」
居酒屋を出てラブホへ向かった。部屋に入り「典子さんお風呂は?」
「先にどうぞ」
一緒にと思ったが1人で入った。

 身体を洗ったが2年ぶりなのに元気がない。飲み過ぎか? 酒を飲むと勃ちが悪いのを忘れていた。

2回目だから食事だけと思っていた。
彼女が入ったきた。
「男性とお風呂なんて10年以上無いわ。恥ずかしいわ」
「典子さん背中洗います」
彼女の背中を洗い胸を触ると彼女の身体がピクピク反応した。大きくないが柔らかい胸である。

 乳首を触ると「ア~ン」と喘いだ。
「宮本さんダメですよオッパイばかり洗って」
彼女が私の身体を洗った。背中を洗い首から胸にそして下半身。タマも優しく洗い亀頭を丹念に洗い軽くしごくとムクムク反応した。
「はい、終わりね」
がっかりだが我慢した。お酒を飲んでるから湯船に入らず彼女が先に出た。


 私が部屋に戻ると照明は、少し落ちていた。
彼女がベッドの中にいた。私が入ると彼女は、ピンクのショーツだけで背中を向けている。
「典子さん」
「お休みオッパイ見たでしょ」
私は、後ろから抱き締めた。
「宮本さんそんな事したら眠れなくなるでしょ」
「典子さんオッパイ舐めたい」
抱き締められた彼女は、少し震えている。

 私は、優しく胸を触り乳首を摘まんだ。
「ア~ンダメ~ン」
身体は、ピクピク反応しオッパイだけで感じている。
両手で胸を責めて背中を舐めると
「うーん感じる~泰憲~」
彼女の顔を見たらエロチックな熟女になっていた。
乳首を舐めると彼女は「凄いわ~泰憲~どうして」
彼女の顔と喘ぎ声で私は、ギンギンに勃起していた。

 2年ぶりの挿入に期待して彼女のおまんこを触るとショーツが濡れていてマンスジがくっきり解った。
ショーツに手をやると彼女は、自分から脱いだ。
「典子さん脱ぐの?」
「泰憲の意地悪」
触ると愛液が溢れていた。
「典子さんたくさん濡れてるよ」
「泰憲~入れて~」
おまんこを舐めたいがヌレヌレのおまんこを味わいたく挿入する事に亀頭は、吸い込まれるように入った。

「うーん」彼女は、喘いだが私は、そのまま動かなかった。
「泰憲~奥まで入れて~」
ゆっくり奥まで入れた。
「泰憲~硬いわ気持ち良い~」
彼女のおまんこは、ヌレヌレで緩い感じがしたが亀頭に絡み付き適度な締まりで気持ち良い。「典子さん気持ち良い~あんまり締めるとイク~」
「泰憲~おまんこが暑い~気持ち良い~硬いおちんちん好き」

 彼女は、名器だしゃぶられながらおまんこに入れてる感じ。
「泰憲~我慢しなくて良いよ典子のおまんこにいっぱい出して~」
「気持ち良いけどもっと良くなりたい中で良いの?」
「大丈夫~おまんこに出して~」
「イクよ典子~」
「アーン出てる~泰憲~」
私が射精している間、彼女のおまんこは、締まり身体全体が軽く痙攣していた。

 しばらくしておまんこは、やっと緩んだ。
「凄く良かったよ典子」
「泰憲さんこんなに乱れて恥ずかしいわ」
「朝まで寝かせないぞ」
「嬉しいわほどほどにね若く無いのよ」
「典子のおまんこがもっともっとて言うから」
「やだ。泰憲さんのおちんちんが悪いのよ」
「シャワー浴びたらおまんこ、舐めてあげるよ」
「ダメ~」
「嫌いなの?」

「舐められたらおちんちん欲しくなる」
「バックからしてやるよ」
「シャワー浴びて早くして」
2回目は、バックで3回目は、彼女のフェラで勃起して上で腰を振られてダウン彼女のおまんこは、いつもヌレヌレ。