女のくせして尻の穴にケツ毛がびっしりはえてやがんの!

私と妻の直美がはじめて知り合ったのは、サークルの飲み会でした。
いくつもの大学が集まっていたサークルだったので、参加人数は100人以上おり居酒屋とかではなく近くの海岸に集まって好き放題という感じでした。
飲み始めて1時間ほどしたころ、友人の竹内と連れ立ってトイレに行った時、一人で酔いをさましている直美と会いました。
私達が話しかけると、彼女も楽しそうに返事を返してきました。
しばらく一緒に飲み、意気投合した我々はそのまま飲み会を抜け、当時一人暮らしだった私の下宿で飲みなおすことにしました。

酔いもかなり回り、話もかなり下ネタになっていましたが彼女は嫌がるどころかノリノリで食いついてきました。

よくよく彼女の話を聞くと彼女は貞操観念が低いのか
「セックスは単なるコミュニケーションでプレステで遊ぶようなもの」といっていました。
その話をきっかけに竹内が
「じゃあ俺ともコミュニケーションとろうぜ!」と彼女に触りだしました。
彼女も抵抗することなく、そのままキスをし、服を脱ぎ全裸になりました。

私もそのまま彼女に襲い掛かり、3人がかりで彼女を触りまくりました。
直美は思ったよりも胸が無く、かなりの貧乳でしたが私は洗濯板のような胸にむしゃぶりつきました。

そのうち竹内が
「俺もう我慢できね〜よ!」とパンツを脱ぎ彼女にぶち込みました。
彼女は
「あぁぁ・・竹内君のチンポ大きいね・・」といいながら、喘いでいました。

しばらくすると竹内が限界に達したらしく
「俺もういきそうなんだけど・・・」というと、彼女は竹内の物を抜き自分の口に咥え、いやらしくしゃぶりだしました。

竹内「うぅ・・もう出ちまうよ・・」
直美「いいよ・・私の口の中で逝って・・」
竹内「あぁぁぁ・・・うぁぁぁ・・で、でる!」
そう叫ぶと竹内は大量の精子を彼女の口にぶちまけました。

彼女は竹内の精子をその口で受け止めた後、何の躊躇もせずに精子を飲み込みました。
私も興奮の絶頂ですぐに彼女に飛びつき、3人で朝までヤリまくりました。

昼過ぎになり、目を覚ますと竹内はバイトがあるので帰ったらしく、部屋には私と眠っている直美の2人になっていました。

昨日の事を思い出し興奮してきた私は、寝ている彼女にキスをし、ぺっちゃんこの胸を必死に揉みしだきました。
彼女もすぐに目を覚まし、激しく求めてきました。

事が終わり、いろいろ話しをしていると彼女に
「私と付き合ってよ・・」と言われました。

私も、友達と3Pをした女と付き合う事にはかなり抵抗があったのですが、当時付き合っていた彼女と別れたばかりでついO鈴木をしてしまいました。
竹内には軽いのりで付き合うことになったと言うつもりでした。

しかし、次の日学校で竹内に合うと
竹内「あの女めちゃエロかったな〜!何かおまんこはゆるゆるだし乳も無かったけどな(笑)お前あの後またヤッタんだろ?」
などと言われ、言い出すことが出来ず
「ああ・・なんかヤリてえとか言うからしょうがなくな〜!」とか言ってしまいました。

彼女に竹内に言えなかったことを伝えると
「私は別に気にしてないから内緒にしてればいいよ。でも竹内君から今日もメールでまた逢おうとか入ってきてるから断り続けたら変に思われるかな・・」というので、私も強がってしまい
「別に直美が嫌じゃなかったら俺は逢っても怒らないよ」と言ってしまいました。

彼女も「やっぱりばれたら気まずいよね・・」といい、ばれない為にも竹内と逢うことは公認するという事になってしまいました。
私の中ではノリで付き合ってしまったという感じが大きかったので、その時はそれでも良かったのです。

しかし、直美と何度か遊びに行ったりしているうちに本気で彼女の事を好きになってしまっていました。
竹内はそんなことは知らず何度も彼女に連絡しているようでした。

彼女は私に気を使ってか、私が聞かない限りそういう話はしないのですが、竹内は詳細に私に話してきました。

「やっと今日直美と逢うことになったよ!あいつヤリマンのくせしやがってもったいぶりやがってよ!まあそのぶんヤリまくってやるつもり。(笑)お前も来るか?」
私「いや・・俺は用事あるから遠慮しとくよ・・」
竹内「そっか〜じゃあまた今度な!」
内心嫉妬で狂いそうでしたが、やめろとも言えず知らないふりを決め込むしかありませんでした。

次の日竹内に会うと、案の定ぺらぺらとしゃべってきました。
竹内「いや〜何か直美の奴なかなか犯らせてくれなくて結構大変だったよ。まあでも強引に家に連れ込んだら諦めたみたいですぐ股開いたけどな。イヤイヤ言う割にはチンポ入れたらヨガリまくるしよ!やっぱスケベな女だったよ。」

私は悔しくて仕方が無かったのですが、それ以上に詳細が気になり、竹内にその時のことを聞きました。

竹内「最初シャワー浴びたいとか言って一人で風呂入っていったんだけど、俺も後から乱入してそこでぶち込んでやったよ!ダメ〜!とか言ってたけど構わず腰振ってやったらヒィヒィ言い出してよ!そのまま行きそうになったから顔にぶちまけてやったよ!」

「で、ベッドに入ってからやりまくったな〜!あいつ騎上位にしたら自分から腰振りまくってよ!もうおまんこぐちょぐちょ。」
「あいつおまんこ緩いし大根でも入んじゃね〜かと思ったよ。」

「まあそんな感じで犯ってたんだけど、俺この間おまえと乱交した時メッチャ興奮してな〜またやりたくなってよ、あいつが風呂入ってる間に上に住んでる鈴木に電話したら速攻で来て、そっからまた3P!」

それを聞いてかなりショックでした。
竹内だけでなく他の奴にも・・。
私は悟られないように必死に我慢しました。

竹内「で、あいつ風呂から出てきて鈴木がいるの見て、キャアーー!とか言いやがるの。ヤリマン女のくせにキャーー!じゃねえよな!ははは!」
「で、まあ説明して落ち着いたみたいだから犯ろうとしたら、もう痛いから今日はもう無理とか言い出してよ・・」

「何回言っても無理とかいいやがるから、口でしろって事になって、チンポしゃぶらせてたんだけど、それ見てたら鈴木が興奮してきたみたいで、後ろからぶち込んでよ!痛いとか言ってやがったくせにすぐ喘ぎだしてきたから構わず思い切り腰振ってたよ!鈴木すげ〜興奮したみたいですぐ逝ってたな」

「で、ケツにぶちまけたザーメンをティッシュで拭いてたら、直美の尻の穴が見えてなぁ!」

竹内が突然腹を抱えて笑い出したのでどうしたのかと聞くと、「コレ見てみろよ!」

そういって竹内は笑いながら携帯を私に渡しました。
そこにはびっしり毛が生えた尻の穴の写真が待ち受けにされていました。

竹内「直美の奴、女のくせして尻の穴にケツ毛がびっしりはえてやがんの! それ見て鈴木と二人で大爆笑してたらあいつ泣き出しやがってよ!それがまたおかしくて!だってヤリマン女のくせにケツ毛が恥ずかしいんだぜ!」

私は直美の尻をまじまじと見たことがなく、あんなに毛が生えていることも知りませんでした・・・。

竹内「俺ってサドっ気あるじゃんか?だから泣いてる直美見たらまた興奮してきてすぐぶち込んだんだよ。直美の奴泣きながら感じてきたみたいで鈴木と2人で攻めまくったらすげ〜悶え出して、逝きそうなのかって聞いたら頷くから、逝かせて欲しいんならケツ毛の生えた貧乳女ですみません!お願いですからどうか逝かせて下さいって言えっ!て言ったんだよ」

「そしたら、最初は黙ってたんだけど、しばらくして泣きながら、お尻に毛の生えた貧乳女でごめんなさい・・・!お願いですから!どうか逝かせて下さい〜〜!って叫びやがって」

「俺もそれ聞いて逝きそうになって腰ふりまくったら、直美の奴逝ったみたいでビクンビクン痙攣して動かなくなってよ〜、もう我慢できなかったからそのまま、このクソ貧乳女が〜〜!って叫びながら中にぶちまけてやったよ!その後鈴木もすぐにおまんこに入れて、笑いながら中出ししてたよ」

そういって出された携帯には、真っ赤に晴れ上がりドロドロと精子を垂れ流している直美のおまんこが写っていました。

その日は家に帰っても悔しくて眠れませんでした。しかし、鬱勃起というのでしょうか、彼女が2人の男に弄ばれてるのを想像すると信じられないくらい勃起してしまい、何度も何度も自分で果ててしまいました・・・。

その後私達は就活の時期になり、私も竹内とは顔を合わすことはほとんどなくなりました。
彼女の携帯の番号も変え、竹内とはもう逢わせないことにしました。

そのため、竹内に見つからないように2人で遊ぶ回数もかなり削ることになりましたが・・。
そして卒業と同時に私は直美と結婚しました。

結婚後は直美は良い妻でいてくれていますが、私は直美とのSEXの度に、あの時の竹内との3P、そして、竹内から聞いた話を思い出しながら絶頂を迎えてしまいます・・・。