両手であたしの大きな尻を抱えてクリトリスを噛んでいた…

最近なかなか男が近寄ってこないので悩んでいました。
「38才の人妻」とゆうのが災いしていると思いました。
中学に通う少年たちなら家の前を通るんです。時々派手な下着を干しているとまぶしそうな眼をして通るけど、竿が高くてとどかない。
そこであたしはくるくる回る洗濯干しを買ってきて、干したパンティがちょうど少年たちの顔の辺りになるようにセットしたのです。
派手な色の真新しいパンティ、少し古くて、股の辺りに色が付いたものなど7〜8枚も干したのです。冬の乾燥した日差しは15分くらいで乾いてしまいます。

リビングのカーテンの隙間からそーっと観察したのです。
サッカーボールを持った168センチくらいの少年が通り過ぎました。
ああだめか、と思ったとき辺りを見回して戻ってきました。目にも留まらない早業で2枚盗って消えた。

「やっぱりね」と思った。古いのだけが盗まれている。
どうも近くのマンションの子らしい。目立つようにこんなところに干してあれば「どうぞ盗ってください」と言わんばかり。砂糖に群がる蟻のようなものです。

少年が遊び用に使うのに何枚必要かは知らない。一度成功するとそんなに用心はいらないと思ったらしい。今度はゆっくり新しいのと古いのを盗った。あたしは少年の退路から姿を現した。

私は「あら」と言って少し微笑んだ。
「ひょっとして、今何か隠した?」「いいえ・・」「今、何年?」「2年です」と割合素直だった。

「こんなところで話してると人に見られるからこちらへいらっしゃい」
私は少年の背を押してリビングに上げてソファに座らせた。

「身体検査してもいいんだけどあなたが恥ずかしいでしょ」「ハイ」と素直だった。

「ただこのままお帰り、と言うわけにはいかないわよ。どうしてあんなものを盗ったのかその理由だけは教えて頂戴」
あたしは向かい合ったソファに素足を立てて両手で抱えた。
少年の目にはあたしの白い腿の後ろがまぶしく映ったはずだ。

答に苦しんだ少年が「おばさんが好きだから・・・」とぽつりと言った。
「好きな人のなら下着を盗ってもいいの?」
「だって、だってボクがおばさんを好きだと言ってもどうせだめでしょ?」
「だめだって? 誰が決めたの?」

とうとうあたしの術中にはまった。
あたしは立ち上がって少年の前に立った。
「今日でもう4枚も盗られたのよ。もうはく下着もないのよ見てご覧なさい」


あたしはゆっくりワンピースの裾を上げた。少年が息をのんだ。
黒々と陰毛に飾られた、今まで夢でしかなかった女の性器が見えたのです。
「ね、だから今日盗ったのをあたしに履かせてくれない?」

少年はもじもじとポケットから派手なパンティを取り出した。
前後も定かでない下着を少年があたしに履かせるのは至難の業だ。

あたしはワンピースの裾を少年の頭からすっぽりかぶせた。
ほとんど肌に触れんばかりに窮屈になった少年の吐く息があたしの性器を打った。

「ゆっくりでいいのよ」
あたしは少年の頭を抱えて股間に引き寄せた。
盗んだ下着をたぶん匂いをかいだりしたに違いないけど、今はもう少年の自由になった性器が、少年の舌と共謀して遊んでいた。

まだ下着は着けていなかった。
「さあいらっしゃい」
あたしは少年をベッドルームに誘った。

少年の服を脱がしてパンツまで取った。ピクンとはねたようにペニスが飛び出した。
二人とも全裸になった。大人でもこのくらいの人がいる、と思うほどのペニスだった。

「ね、最初からあたしを好きだと言ってればよかったでしょ?」
あたしは少年のペニスをくわえた。
袋から立っている部分まで舌を這わせた。

少年はすでに学習を終わって両手であたしの大きな尻を抱えて、クリトリスを噛んでいた。
「キスはこうするのよ」
あたしは少年に舌を吸わせ、そしてまた少年の舌を吸った。

「初めてよね? 入れてみる? 毛が多いからわかりにくいけど、一番下のほうよ、濡れているところ」

あたしは少年のペニスを取って、愛液に浸して、膣口にあてがった。
そして、て彼の腰を引き寄せた。ズーンとペニスが私の中に入ってきた。

「ああ入ったわよ、すごいいいオチンチンよ」
「あたしのオッパイなんか吸いながら腰を動かしてみて」
「ああ そうよ そうよ いいわ!」

しかし意外にも早く終わりが来た。30秒くらいで少年が「ああ!」と絶叫して、あたしの膣の中に精液が飛び散った。

それでもあたしは満足だった。
この後、この少年を教育しながら、理想的なセックスフレンドに仕立てていこうと思っているから・・・。

足りなければ同じような方法で集まる少年は多いと思うのです。