マッサージ師に両足を広げられアソコを・・

私は、都内のOL24歳です。

パソコンを使う仕事のせいか肩こりがひどく、

普通によくマッサージにいきます。

オイルマッサージもしたりするけど、

女性のマッサージ師さんばかりです。

地方の出張したときの話です。

仕事で疲れたのもあり、

ホテルでマッサージをお願いしました。

もちろん健全なつもりで。。。

フロントにお願いすると、

「ただいま男性のマッサージ師しかいないのですがよろしいですか?」

と聞かれました。

ま、たまには男性の方もいいかな?と思い。

「はい。お願いします。」と答えました。

30分後、ノックされドアをあけると

入ってきたのは、

色白ですらっとしてメガネをかけた真面目そうな(30代前半?)男性の先生でした。

ちょっとタイプでしたw

ちなみに、私の服装は下着の上にホテルの薄手のバスローブ?を羽織ってました。

まず足裏から始まりました。

その先生は、とても上手で普段いっているマッサージより気持ちよく感じました。

疲れてたのと、男性だからというのもあったかも^^;

『出張ですか?』とか

『どちらから来られたんですか?』

気さくに話しかけてくれ大変リラックスできました。

『どうですか?痛くありませんか?』

とやさしく話しかけられながら

足裏からふくらはぎ、腕、腰と丁寧にマッサージしてもらいました。

そしてあっという間に時間がたって

「そろそろ終わりますが、ご延長とかはどうします?」と言われ、

とても気持ちよかったので

迷わず「お願いします。」と答えましたw

「全身をマッサージしたいのでバスローブの方をとって頂いても大丈夫ですか?」って聞かれ

「お願いします。」と答え

ちょっとドキドキしながらバスローブを脱いでブラとパンティの状態で

うつ伏せになりました。

先生は

「じゃぁ、始めますが不快な部分があったら、すぐ言って下さいね。」

って真面目。

こりゃ、安心できるなぁと思いリラックスしていました。

そして太もも、腰とマッサージされたあとに

背中の辺りを触れながら

「ちょっと邪魔なのでこちらはずしてもよろしいですか?」って聞かれました。

えっ?と一瞬思いましたが、うつぶせだから、まいっかと思い

「はい」と答えると

ブラの紐を外されました。

そして背中、バストの横あたりを入念にマッサージされたあと

『ではお腹のほうをやりますので仰向けになって下さい。』と言われました。


え?このまま仰向けになったら胸が丸見えじゃん。。。と思いながら

断るのもなんか不自然な空気だったので、私はそのまま仰向けになりました。

上半身裸でパンティ一枚の状態です。もちろん胸は丸見えです><

お腹をマッサージしながら徐々に上がっていき、

お腹の横からバストの周りあたりを入念にマッサージされました。

『胸の方もさせてもらってよろしいですか?』と聞かれ

私も気持ちよくなっていたので「はい」と答えました。

胸のマッサージが始まりました。

普通に気持ち良い。。。

先生手が大きくてあったかいから?

女性のマッサージのときはないのですが興奮してきました。

乳首立ってきちゃったよー><

私は恥ずかしくてずっと横を向いていましたが

先生があまりに上手なのでだんだん気持ちよくなって声が出そうになりました。

でもこれは普通のマッサージなんだから声したら変に思われると思い

必死に我慢してました。

胸のマッサージが終わるとまたお腹→太ももといき

太ももの内側から足の付け根あたりのマッサージが始まったあたりで

私もだんだん変な気持ちになってきて

自分でも知らない内にだんだん脚が開いてきましたw

それを見て先生も興奮してきたのか?

「ご希望でしたら、こちらの方もさせていただきますが。。。」

って私のアソコを軽くふれながら

今までとはちょっと違う感じの小さい声で聞いてきました。

私も気持ちいいのと興奮してたので

恥ずかったのですが、軽くうなずきました。

すると先生はいきなりパンティを脱がせ始めました。

両足を広げられ、本格的にアソコを触ってきました!

そしてクりをいじられ始めたあたりで

私ももうスイッチが入ってしまい、

「あぁーん、ソコ気持ちいいです」と声を出しました。

それを聞いた先生の手は一段と激しさを増してきました。

そして私の大事な部分に指が入ってきました。

恥ずかしさもあったせいかいつも以上に濡れていて

指を入れた瞬間に クチュ っといやらしい音がでてしまいました。

「はぁーーん」

思わず声が漏れて腰をくねらせました。

指を出し入れするたびに クチュクチュ 音がして

その音でなんか一段と興奮して

指を入れられて2、3分でいってしまいました。

『気持ちよかったですか?』

先生にやさしく話しかけられて年甲斐もなく頬が赤くなっちゃっいました。